下痢だと「悪いものでも食べたかな?」とすぐその原因を探しますが、便秘だと2、3日は心配になることはまずありません。
これはなぜでしょう?排便はない以外の心配になる症状が症状がすぐには出てこないからでしょう。
実はこれがが便秘の怖いところで、気がついたら便秘体質になってしまっていた…なんていうことはよくあります。私もその一人です。
そこで今回は、便秘の原因をきちんと理解し、便秘解消の為に5種類の実験をしてみました。

便秘はなぜ起こる?

まずは観察こそが大事!原因を知る事で素早い解消につながります。
今回、便秘についてきちんと理解するために調べたら、「便秘」とはかなり複雑な症状であることが分かりました。
便秘の起こる原因とは何か、まずは調べた事をご紹介します。

便秘、それは一種類だけではなかった。

便秘は、大腸の働き(機能)と、性質(器質)で大きく2種類に分けられます。

腸の器質(性質)に原因がある場合
胃、小腸、大腸、肛門のどこかに障害が起きてしまったために便秘になることがあります。
例:大腸がんや腸官がくっついてしまう腸官癒着など
この場合、一般の便秘とは違い、血便が出る、吐く、激しいお腹の痛みなど深刻な症状が出ることがあります。

腸の機能に原因がある場合
何かの理由で腸の働きが悪くて起きる便秘です。
一般的に「便秘」というとこの腸の機能に問題があるものを指します。
この便秘は急性、慢性の2種類の便秘に分けられます。

急性便秘
一時的に起こるものです。
原因は、食事の内容、水分量、急なストレス、月経など様々ですが、これらの原因が解消されると、すぐに便秘も解消されます。

慢性便秘
大腸の運動が低下して起こる弛緩(しかん)性便秘、大腸の緊張で起こる痙攣(けいれん)性便秘、直腸に便が留まって起きる直腸性便秘の3種類があります。
この3種類が便秘の中でも私たちを最も悩ませている頑固トリオ君たちです。

頑固な便秘トリオ君を作ってしまう原因は?

便秘トリオ君を作る要因は、生活習慣の乱れとよく言われますね。
生活習慣の乱れといっても内容は様々です。
それぞれの便秘を引き起こす要因を探っていきましょう。

弛緩性便秘→大腸の運動が低下して起こる(蠕動運動が十分に行われない)。
不規則な生活、運動不足、水分不足、偏った食生活、腹筋力の低下などが原因です。

痙攣性便秘→大腸の緊張で起こる(副交感神経が過度に働いて腸が緊張しすぎる)。
不規則な生活、精神的なストレス、環境の変化など原因です。

直腸性便秘→直腸に便が留まって起きる(便意を我慢するために排便反射が起きにくくなる)。
排便反射とは、直腸にウンチがある程度たまって来たときに身体が発する便意を催させる信号のことです。
この信号は20秒間隔で数回出された後止まってしまいます。
そのため、痔を持っていたりして排便を我慢する、学校・会社のトイレで排便を我慢してしまうなどすると便意がなくなります。
この繰り返しの為に、排せつ物がたまっているのに便意が起きなくなってしまうのです。

便秘トリオを解散させるために必要な事は、運動、生活リズムの改善、バランスの良い食事、腸内環境改善、ストレスをなくすといったことが分かりました。
これを基にして、または、さらなる効果を期待して、運動、ツボ押し、食生活を整える、乳酸菌、を試してみることにしました。
そして、「便秘に即効性があるものは何か」の項では私の試した即効性のある物も、ご紹介しようと思います。

運動で便秘の解消

便秘解消には、軽くうっすら汗をかく程度の「有酸素運動」が有効です。
有酸素運動は腸の蠕動運動に関わっている副交感神経の働きを高めてくれると言われます。そして続けることが何よりも大事です。
自分のペースに合わせて、毎日続けられることを最優先に3つを組み合わせて実践して見ました。

運動によって期待できる効果

腹筋が鍛えられる
運動によって下がり気味だった胃が本来の位置へあがるために、腸への圧迫が軽くなるので、腸の蠕動運動が良くなります。

ストレス、自律神経に良い影響を与える
体を適度に動かすことで、ストレスの発散になりますとなり、自律神経のバランスを整えてくれます
このお陰で、胃、腸の働きが良くなります

歩け歩け!

便秘の解消のためだけではなく、健康維持の為には「一日1万歩」とよく言われます。
歩くことは体の歪みを解消し、必要な筋肉をつけてくれます。
でも、なかなか1万歩に達するのは大変ですよね。
なかなか難しいからとモチベーションを落としてしまっては失っては元も子もありません。
そのため私は、毎日の生活に「ウォーキング」というよりも、「歩く」ことを意識して行いました。
まずは今まで家から2km離れた駅までバスを利用していたのを、15分早く家を出て次のバス停まで歩くということから始めました。
2週目は2停留所分歩く…、というように少しずつ距離を長くして、1km先のバス停まで歩くようになりました。
エスカレーターもなるべく使わず、階段を使うように頑張っています。

1日10分!便秘の改善効果がある魔法の体操

テレビ番組「あのニュースで得する人損する人」で紹介されて気になっていた、便秘に効く「魔法の体操」(日本テレビ1月15日放送 https://youtu.be/8oEmqtb7tVI)を実践してみました。
これは試した直後にお腹が動き出してくれましたんです。
即トイレに駆け込む程即効性はないですが、腸が動いてくれることは確かです。

「魔法の体操」はまず、手を広げてもぶつからない程度の広さのスペースで行います。
両足を肩幅に開き、右手を腰に手を当てるように置き、腰骨をそのままつかみます。
次に左手は左側の肋骨の下に当て、その場所の腸を意識するように置き掴むようにします。
そのまま右回りに腰をぐるりと回転。これを5回。
この後両手の持つ位置を変えて、左回りに同様に腰を大きく回転させます。
こちらも5回。これでワンセットです。
両手の位置が少し難しかったのですが、これもすぐにコツをつかめます。
腰の回し方も、最初から大きく回そうとはせずに、小さく回して、少しずつ大きく回せるようにしていきました。
この運動は腰をゆっくりと大きく回すので、腰の柔軟性を保つのにも良い運動です。
気をつける点は、最初から大きく回そうとして、腰を痛めないことですね。

他に取り入れた運動は「大幹ひねりストレッチ(カイゴ大学監修https://youtu.be/lHR38Pq4CjE)です。
これは「魔法の体操」より簡単です。
立って両足を肩幅に開き、腰に手を当てた状態で体をひねっていきます。
体が自然に止まるところまでひねります。
右側、左側、左右10回ずつ行います。
即効性は得られませんが、座るから立つへの動作だけでも腸には良い刺激になります。
その上、体のひねりで気分転換ができます。
ちょっと疲れたなと感じた時や、体が固まった感じになったときは、イスに座ったまま活用して気分転換とストレッチを兼ねています。

運動を取り入れた結果

朝のトイレタイムを確保できた
朝歩くことに決めたので、今までより30分早く起きるようにしました。
これがちょっとした効果を出してくれたのです。
早起きすることでトイレでゆっくり座る習慣が出来上がりました。

血液の循環が良くなった
血液の循環が良くなったのでしょうか、胃もたれが減りました。
不思議と、食事の量も減ってきました。

運動開始から1週間くらいでしょうか、胃腸の調子が良い感じがして、快便とまではいかないまでもお通じリズムが出てきた感じです。